Loading…
12

 今回はTOEICの私なりの解答方法

 ご質問やご要望を受けたので、私はこう解いているという方法をご紹介。
 リスニング編のパート1から4までザックリとご説明します。

 
見出し画像 Part1 写真問題



 pumpkins2.jpg

 パート1は10問で構成
 

 内容はこんな写真を見て、正しく描写している選択肢を選ぶ問題。
 
 これならかぼちゃがたくさん置いてあるとかですね。
 

 TOEICの中で最も簡単なパートです。

 コツは写真を見て、誰もがそう感じる、そう思う【選択肢】を選ぶだけ。

 このカボチャの写真だと、やはりカボチャ!!!!!みんながそう思うはず・・・・。たぶん。w

 例えばこの写真の奥の方のフルーツらしきモノが問題に絡んでくることは滅多にない。

 万人がそれね!って理解し納得できるようなモノやヒトが問題となります。

 でなきゃ、テストになりませんよねw

 
 私なりのコツですが、先に10問分の写真を見るなんてことはしませんw

 そこまで本気出す必要もないですし、先に見たって得られる情報は写真のみで、具体的に何を聞かれるかまでは推測の域を出ないので。

 【流れ】
 1・写真をちょっと見る。
 2・英文を聞く
 3・応えらしきモノが流れたら選ぶ(*Aだったらもう次の問題に移行)
 4・次の問題の写真をちょっと見る
 
 1~4の繰り返し

 
見出し画像 Part 2 応答問題

 
 30問で構成

 内容は何か聞かれるのでそれに対して応えるだけ。

 
 例えば、Where is the meeting room?

A) To meet the new president
B) Its the first room on the right.
C) Yes, at three o'clock.

 のような問題。


 基本的に30問全て私にとっては【ふざけている】応答が多すぎる。

 上の例題のようなアンサーが頻出。

 ドコ!?と聞かれてるのに、時間を応えていたり、理由を応えていたり。

 会話が全くなりたっていませんw

 
 私なりのコツは、


 ボーっと聞いて、すんなり「会話として成り立ったな」という解答を選んでいるだけ。

 日本語であれば、どなたもボーっと聞いても解けると思うんですがそれと同じです。

 

 又、【TOEIC全般のポイント】とも共通しますが、

 【脱日本語!!!!】

 一切日本語を使わない。

 英語は英語で全て理解するようにする。


 1・日本語に訳すと時間がかかる。
 2・【英語】しか記述されていない【英語】の問題に、【日本語】と言う異なる言語を使用するのは、そもそもナンセンス。

 ですので、この問題も英文は絶対に日本語に直さないようにしています。


 「英語の質問→英語のアンサー」

 これが最も自然に【音として響いた】選択肢を選ぶだけです。もはや英語は音として処理しているので。日本語と同じ感覚です。^^

 またこの【音として響く】という感覚的なモノが私の大切にしているコト。

 これでTOEICのリスニング問題は解いています。

 皆様も、日本語なら、意味を考えなくてもスっと理解できるはず。
 
 Thank youなら「ありがとう」と訳すまでもなく、音と意味がスッと入ってくるでしょう?
 
 これをTOEICの英語でやる。


 
 ここまでできるとTOEICのリスニングで満点も夢じゃない!?


 


 




 


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://lifeofmessiah.blog.fc2.com/tb.php/75-d0d4131a

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。