Loading…
26
Open_English.jpg
photo

まず真っ先に鍛える能力は

1・リスニング

2・ボキャブラリー

3・文法

これらを抑える事が出来れば、ようやく土台が出来てきます。
(*しっかりとリスニング・語彙力・文法を学んでおくとある時一気に「英語がわかる自分」に出会えます。半年?3カ月後?人それぞれですが、気長にやりましょう^^)


ポイントのおさらいですが、すべてはリスニングから始まっていることです。

ボキャブラリーもしばらくは耳で聞いたものを覚える事。

簡単な文法はネイティブが言っているのを真似ることで覚えていける事。

さて、
本日は後半の3つです。
この3つも前回の3つの能力と密接にかかわっています。

前回同様多少長めですので興味がない方はスキップでお願いします!w
見出し画像 リーディング


reading-book.jpg
photo


リスニングをしまくって得られた、

少し簡単な文や単語。

これらを使っていよいよ、

「英文を読む」作業に入ります。



目的は、英語を読めるようになるではなく、

「単語を増やすこと」

「文法を学ぶこと」

の2つです。



「英文和訳」はしません。

理由はおもしろくないし英語アレルギーの原因の一つでもあるからです。

又、英語の実践である「ネイティブとの英会話」の時に

“ネイティブ”に和訳しますか?ということ。w

和訳したところで外国の方は????????です。

はい、無意味とは言いませんが、非効率です。



英語を読みつつ、新たな単語に出会い、文法・文の構造を理解し、

実際に自分のものと真似っ子して、取り入れていく。


これがリーディングから得たい能力です。



英文レベルはあなたの今のレベルよりちょっと難しいもの。

パッと見て、

????????????????????????

だったら、破り捨ててください。w

絵本でもOK。

無茶してもストレスが貯まって続かずに終わります。


見出し画像 スピーキング

1309333630-34_20111025204021.png


ようやく出てきました。

英会話。



この記事を書く前に枠組みというか段落構成を考えていたのですが、

私的にこのスピーキングは2番目だったのですが、

考えてみれば、

日本からこのブログを見てくれている方が圧倒的に多いので、

私がここで、

2番目はスピーキング!!!

話せ話せ話せ!!!と言っても、

誰と?日本人と?それとも一人で?w

ってなりますよね・・・。

そこで、英語力を総合的に上げる順序で書くことにしたのです。^^



というわけで、

この本当は大事な能力、日本ではなかなか独学では鍛えられない能力ですが、

もし可能ならなるべく早めに取り組んでいただきたいです。



海外にいけばいやでも話さなければいけない状況が多くなるので、鍛える事は日本と比べて容易です。



注意したい点は英文を頭で考え、発する前にもうI を言うこと。

I…………….I………..I want…………..I

私は、私は、、、、、

ってもう言ってください。

そしたら、もう話すしかないのです。

それも早く。w

相手はいつまでも待っていませんので。

考える前にもうアイ!と言う。

それから考えても良いです。

それをやっているうちに、

その「考える時間」が5秒―3秒―1秒―――0.5秒と短くなっていきます。

これでいいんです。

いや、最高です。w^^

何も発言しなければ、何も学べません。


とっとと、

アイ!って言いましょう。

YOUでもかまいませんよ。w



発音もリスニング・スピーキングに次いで大切ですが、

リスニングをしっかりとやっておけば、日本語ナマリは治りやすいです。

筋肉の問題はもうしょうがないですが、ある程度はいけるでしょう。

発音・イントネーション・リズムの3点ですね。^^

では最後の能力。

見出し画像 ライティング及びスペリング


writing.jpg

photo

これは地味にやりましょう。

エッセイを書くとき、

もしあなたが1から5までの順番で効率良く学んで来ているのなら、

もうなんとなく文の組立て方、使える単語など学んでいるはずです。^^



ライティング力に密接にかかわっているのは、

「単語力」と「文法」

「単語力」とラブラブなのは「リスニング」と「リーディング」

「文法」も「リスニング」と「リーディング」



これらを先にやっていないとエッセイは書けません

エッセイは構成に注意して書けばなんとなくは出来るようになるでしょう。

以前何かの本でエッセイはサンドイッチ!!!!

ってのを見たのですが、

まさに!!!w


エッセイ構造の基本は、

5パラグラフ。5段落。




バンズってパンの部分がありますね。

「上のバンズ」部分が

エッセイに書きたいこと、言いたいこと。


それにはさまれている、

「1ハム・2チーズ・3トマト」

これらが上のパンの主張をサポートする部分です。
基本的に3つの例でサポートします。


それで最後に下のバンズ。
これが結論です。
ポイントは上のバンズと下のバンズは同じ主張になっていなければいけません。


上の方はある程度抽象的で、

下の方はしっかりとハム・チーズ・トマトを踏まえた「まとめ」にします。

エッセイの形さえ気をつけていれば、なんとなくでもいけます。w



スペリングは英語で日記など書いている時に

え、あ、、これどうやって綴るんだっけ?

という疑問にあたる度に学んでいけばOKです。^^

当たり前ですが、何回も文章を書くとその疑問にぶつかります。


 英語の6つのチカラ・まとめ



1・リスニング

2・ボキャブラリー

3・文法

4・リーディング

5・スピーキング(2位環境次第)

6・ライティング

この6つの内どれが欠けても駄目です。

みんな友達です。w




ーポイントー

学校で習うのと真逆。

英文和訳もしません。

単語の筆記も最後の最後までしません。

リスニングに命をかけます。


Don't be stuck in the traditional way to study English.

We are NEW!!

Messiah.




Related Entries


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://lifeofmessiah.blog.fc2.com/tb.php/68-2fb9ca2b

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。