Loading…
17
sighns.jpg

 今日はメルボルンがあるビクトリア州の交通機関のルールをご紹介いたします。


 少々衝撃的で刺激的な記事かと思いますが・・・。


 気になる方は続きをどうぞ。

 
 まず上の画像を目に焼き付けてください。w 
上記画像の説明


左上から右へ

1・期限が切れていない有効なチケットもってね。

2・座席には足を乗っけたら嫌だよ。

3・汚い言葉や人に罵声を浴びせたらだめだよ!もちろんそんな行動も禁止!


左下から同じく右へ

4・もちろんタバコは駄目。

5・お酒は飲まないでね。

6・落書きは嫌よ。


こんな感じです。w


こんな注意書きも


sekiyuzurann_20110917192817.jpg

相変わらずの適当翻訳で簡潔に説明します。w


「席を本当に必要としてる方に譲らないと罰金課すからさ、そこんとこしっかり頼むよ!!」


あ、vacate=give up possession.「譲る」
案外大切かもです。余裕があればGET!正直そんな聞いたことありませんが。


これが罰金概要


じゃじゃん!


list.jpg


よくよく見てください。この不平等なプライシング。w


適当間ただよってます。


1つずついきますか。

罰金

  1. 無賃乗車

  2. 喫煙

  3. 火をつける(火遊び?する人いるのかな・・・)

  4. 足を席に乗っける

  5. 力を使い他人やその権利などを犯す行為

  6. 暴力的な言葉の使用

  7. イカれた行動や暴力的な行動

  8. ドアの開閉妨害

  9. 体の一部、きっと手や顔だろうな、を走行中外にぶらーっと出す。




日本ではこんな事言われなくても、はなからしませんよね。w


日本人でよかったと心から思います。


上の方の罰金が非常に不公平というか「足」はちょっと高すぎませんかね?w


これ無賃乗車と喫煙、同等の扱いですよ!?


せめて半額でいいかと。


ここまではただ単に制度のご紹介でした。


では、







実際に罰金を受けたらどうなるのか、御紹介。w



実際にありました。(*私の友人が。私ではありませんからね!w)

見つかったらまずこれをGET!


ポン!

youll get it

このちっこい紙・・・

(なんかいろいろ書いてありました。もしこれに不満があれば1回までは異議申し立てが出来るとか払い方はどうするとか。)


まずはID(身分証明書)を見せろと言われます。


そして名前、住所、電話番号など情報を提供します。


最後にこの紙をいただき、2週間位後「罰金請求書」が送られてきます。


お、恐ろしい・・・。w

これが請求書の実物


IMG_3755.jpg

足を乗っけていた事が理由で180ドルの請求・・・・。


たかが足で180ドル。w


2.jpg



恐ろしいビクトリア・・・。他の州はこんな厳しくないとか。


恐ろしく厳しい州ですよね。


train inside

ちなみに車内はこんな感じ。小汚いのは普通です。w


払わないとどうなる?


これも非常に恐ろしい仕打ちがきます。w


(*もちろん暴力だとか無賃乗車のような行為は仕打ちを受けて当然です。)


こんな感じになります。


まず期日いないに払わないと、また通知が来ます。


この手数料で22ドルプラスされます。


180ドルなら202ドルですね。


そしてこれでもまだ払わず無視します。


すると、


ドン!


275ドルまで跳ね上がります。(内容は遅延料47ドル、裁判ざたになるかもという通知料の25ドル)


この2回目の通知が来て28日以内にもし払わないと・・・・。



53ドルさらにプラスされ、


7日以内に払わないと・・・・・・・



家を売られます。


もしそんな家や財産すらない場合は、


あれですね。


最後の手段。


投獄!!


まとめ



足を乗せることから始まり最終的には家を失うか、


投獄されるかという問題にまで発展する可能性があるビクトリア。


こちらにおこしの際は


十二分にお気を付けください。


日本人としてのモラルや常識があれば、


全然平気です。


普通に過ごしていればのんびりしていて過ごしやすい国です。^^


日本ではきっとこんなに厳しくないでしょう。


それは日本では治安が良いからです。


国民の「民度?」なる物が他国と比べはるかに高い。


あの3月の大震災の際も


日本人はしっかりと整列して電車を待っていた


写真がこっちのNEWSで映っていました。


きっとこのような行為は日本人にしか出来ないのではないでしょうか?


すばらしい国民です。


日本では罰金のような恐怖を使わずとも


電車の中の治安くらいは保たれます。


でも一方、AUSではその必要があるんだろうな・・・。と思います。


みなさんはどう思いますか?


日本は本当に恵まれている国です^^


参照⇒AUS交通省の罰金について

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ この記事が少しでも「あなた」のお役に立ちますように。
 コメント・質問はお気軽にどうぞ。
 Thank you for visiting my blog. Have a nice day.
 I Hope to see you again.
                        
                            Messiah




 ■以下リンクについて

 「海外留学情報」「英語学習情報」など様々なリンクを用意しておきました。お好きなリンクへ行けるようになっております。あなたの必要な情報があるかもしれません。お好きな所へ。




 

Related Entries


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://lifeofmessiah.blog.fc2.com/tb.php/58-b1459532

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。