Loading…
28
どうも。Messiahです。


 韓国のチャンポン麺をおいしく平らげてきました。


 うーん。最高^^


 かなり高かったけど。


 二人で食べたんですけど、


 44ドルもしました。w


 もったいなーい。


 しかも自分のおごりでした。


 あ、英語で「私のおごりよ!」「俺がおごるぜ!」「お前がおごれよ!」ってどう言うかわかりますか?


 (My shout OR my treat.Treatの方はわりかし普通の表現です。Shoutってのは超オージースラングです。That's my shout.とかって言います。ちなみに最後のは、You should shout me to a cuppa coffee.(cuppa=cup of) アメリカで言うとどうなるんでしょうか。w 試してみたいです。まぁ、アメリカなら無難にTreatでよろしくお願いします。もしAUS以外の国でオージーにあってこれを言うと、相当喜ぶはずです。彼らはオージーイングリッシュにプライドを持っていますから。^^AUSで言ってもThat's very oz!って言ってくれます。w No worries![=大丈夫だよ。どういたしまして。]もオージー英語。)


 



  さて、中島みゆきの「糸」を書き終わるまでリピートしながら記事を書いていこうと思います。w

  
  いつもブログを書いているときは書くことなどは何も考えずにタイピングしていますので


  このような美しい歌を聴いていると優しい記事に仕上がりそうな気がします。w


  Happy happy^____^



  では、いきましょうか。

 

  「あなたは海外留学にどんなイメージをお持ちでしょうか?」  



  1・「海外に来れば英語はペラペラになるのかな?」


  2・「たくさんネイティブの友達作って遊ぼ!」


  3・「ネイティブと一緒に働いてお金も英語もGETしたい!」


  4・「綺麗な金髪のおねーさんと……!」


  5・「やさしくてジェントルマンでカッコイイ白人男性と……!」


   はい。


   この中で実際に実現できる可能性がもっとも高いのはどれでしょうか?


   最後のやつです。(ちなみに自分は男です。)「やつ」って呼ばせてください。あまり良い気分はしませんので。w


   4なんてものはもってのほかです。2年前にカナダに留学に行った時の夢は、ブロンドのSEXYおねえさんと……。でした。wもちろん叶うはずもなく、6カ月の留学は終わりました。(日本人男性は本当にもてません。w一方日本人女性はモテモテです!日本人男性諸君、私たちは恵まれています。このような日本の女性とお付き合いができているのだから。)


  1・2・3は人それぞれですが、基本的には実現しがたいのではないでしょうか。


  (*日本人女性へ。英語を本当に覚えたいのであれば、ネイティブの男性とお付き合いをするのが手っ取り早いです。たまに性欲の塊のようなゴリラがいますのでお気をつけてください。w)


  (*私を含め、日本人男性へ。悲しいかな、道は険しいです。ただ語学学校に行っているだけの普通の生活では、日本のECCのようなクラスに行っているのと大して変わりません。一皮むける必要があります。)



  ここで、一般的な「留学の実態」をご紹介します。


  ずばずばいきます。w


  1・日本人だけで固まっている。


  2・最初は「あたし日本語つかわないもん!」でも結局、日本語に。


  3・外国人の友達が出来た!韓国人!


  4・何を言ってるのかわからないから適当に笑って、ごまかす。適当にYESでいいんだよ。


  5・ワーホリでネイティブと一緒に働きたいなー。…結局日本食レストランで働いている。


  6・ネイティブとまったく知りあうチャンスがない。

  
  7・他の人もこうだからしょうがないかー。自分だけじゃないし。やがて、人種差別がどーだのこーだのと言い訳を探す。



  ……。こんなもんでしょうか。もっとありそうですが今思いつくのはこれくらいです。コメントで「これもこれも!」っていうのがあれば、お教えください。

 
 
  好きな言葉があります。


  Losers find excuses, winners find a way.  


  上に書いたのは全く批判でもなんでもありません。カナダ留学時代自分もそうでした。


  その当時の後悔がひどくありまして、現在リベンジとしてAUSにいるわけです。


  この留学は何物でもない、自分との戦いです。


  さて、ここで自分の現状を。


  リアルです。

  
  日本人の友達はいません。(他の都市に数名。最初に学校で出会った仲間です。)


  友達がいないので、もうかなりの間まともに日本語は話していません。ルームメイトも他国籍。


  日本語が恋しいのでブログを書いています。w


  外国の友達はそこまでいません。仕事をしているだけなので、同僚位でしょうか。


  何を言っているのかわからず適当にごまかしているようでは、仕事になりませんのでわからないときはしっかり聞きます。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥です「海外にいるという絶好のチャンス」「恥ずかしさ」なんかで無駄にしたくありません。


  現在オージーと働いています。お客様もみんなオージーです。ファームしていた時も、ずっとオージーのみと暮していました。(WWOOFING LOVEです。この言葉を知らない方へ。いつかこの記事も書きます。お金じゃない大切なものがそこにはあります。)


  よってネイティブにずっと囲まれております。もうさすがに日本人に会いたい!!!w一体どこにいるの?日本語話したいな。


  ちなみに自分は日本人を避けるようなことはしません。


  少し違う道を通っていたら出会わなかっただけです。


  日本人がいるのならば出来れば友達になりたい。日本人好きですから。^^


  
  今ここで言えることは、


  ただ語学学校に行くような普通の留学をすると、それは普通であり、大多数の方と同じです。そうすればやっぱり、日本人に出会う確率は上がります。意味もなくみんなが行くからシドニー?みんなが行くからあの人気な学校?みんなが行くからバッパーに行って農業?そのような道を通っている方に限って、海外にいるのにもかかわらず、英語環境を探しています。もうそこにあるのに。少し視点を変えて違う道を歩めばまるっきし違った世界があります。自分でもこの日本人とまったく接点がない状況に少しビックリしています。  

  人間っては欲深くてあるものが満たされると今度は他の何かを求める。


  自分もその類の様です。


  カナダでの反省(上記のような)をもとに今までやってきて、


  日本人の一般的な留学とは少し違うことをし、(そこまではずれてはいませんが。w)


  英語の文化で英語しか使わない生活をして、

   
  気付いたことがあります。


  日本人が大好きです。  


  This blog is not for myself but YOU; Japanese people who I LOVE.


I just hope everyone abroad can move forward as they want. If what I said in here makes some differences or changes,even a little, that'd be my pleasure. Make it count. The time abroad is precious and limited. you could be the one who can waste it. but you could make it valued and cherished.

good night, mate^^

  「糸」をやっと聞き終えれます。w

ランキングに参加中です^____^

 If you like this entry, please gift a click :)

ブログランキング・にほんブログ村へ
Australia's info.

にほんブログ村 英語ブログへ
英語勉強法をもっともっと!


Related Entries

Only the administrator may read this comment.
2011.10.02 16:22 | | # [edit]
@まきこさん

ブログを読んでいただきありがとうございます^^

コメントのお返事を致します。

「日本人と関わらずに留学が出来るのか」

 これはいわゆるごく普通の"留学パック"を利用して語学学校に通ったりするのなら、

正直厳しい気がします。

どこにでも日本人はいます。

もちろん都市・国によって多少は差があるとは思いますが、

どこにでも日本人はいます。

また、初めての留学の時「私は日本語使わない!!」

と考える方がたくさんいらっしゃいますが、

向こう出会う日本人はなんだかんだ大切です。

心の支えとなる友人は必要になりますしね^^

同じ日本人っていうのは何にもかえがたいものです。

したがって、まきこさんのおっしゃる英語のみの環境というのは、

「普通の留学」をするだけでは実現しがたい

また、そこまで日本人とはかかわらないぞ!!!って

壁を作る必要もありません。

私はカナダ・オーストラリアと留学経験ありますが、

最初はやはりちょっと気張って

「絶対に日本語喋らない!」「英語学びに来たんだ!」

と思っていました。

しかし、現在様々な経験を通して今再び考えると、私はそう気張る必要もないのではないか。

そう思います。


「今ある環境でできることを精一杯やること」

これが大切だと思います。

海外に行って、与えられた、手にした環境から最大限何かを学び経験する。

理想を壊す気は毛頭ありませんが、

あまり理想を持ちすぎるのも現実を知る時ショックが大きくなるので・・・。

もちろん英語のみの環境にしっかりと自分を入れる努力は大切です。

基本的なことですが「どこかに出かけるときは必ず外国の方を誘う」といった事が

積み重なると、

最終的に英語を使う機会は増えます。そして英語力も嫌でもあがります。


 ちょっと現実的なお話をいたしましたが、


本題の「具体的にはどういった道」かについてコメント致します。

私がAUSで達成したことの記事を参照いただきたいのですが、

"基本的に日本人が取りそうもない、取れそうもない行動に出ると日本人はグッといなくなります。"

例えば、WWOOF。

これも記事にしていますのでよろしければどうぞ。

ボランティアを通じて英語や文化を学ぶ。

これは日本人に会えません。

このボランティア農業中はまずあわないでしょう。

基本的にネイティブの方と毎日一緒に暮らします。

こういったことは、普通の「留学」とは少し違いますが、

語学向上という目的や新しい経験を積むということができる「留学」です。

何も語学学校に行くことが全てでありません。

(*英語力によりますが。)

もちろんローカルのお店でオージーと働くなども一般的な留学生にはなかなか出来ないことです。

「まとめ」

違う道・・・

「みんなが右に行くなら左に行く。」

そんな感じです。w

みんなが語学学校に行くなら、パブに行ってネイティブとお話します。

みんながシドニー・ゴールドコースト行くならメルボルン行きます。

もっと言えば(私はしていませんが、時間があればしたい。)

みんながアメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス行くなら私は南アフリカ行きます。

(実際行きたいです!!!w)

みんなが日本食レストランで働いているのならもちろんネイティブと働きます。

みんなが有給の農業をしているのなら無給のボランティア農業をします。

こんな感じです。

実際に上記のような行動にでると日本人遭遇率は本当に!本当に激減します。

・・・

いかがでしょうか?

答えになっていれば幸いです。

PS

是非南アフリカに行ってください。w

私には当時そこまでの視野がありませんでした。

もう23になり帰国後は就職を考えていますので実現可能ですが、・・・したくない。^^;

英語はもういいです。どうせならスペインなど第3言語学びに行きます。^__^
2011.10.03 17:58 | URL | Messiah #- [edit]
Only the administrator may read this comment.
2011.10.03 21:09 | | # [edit]
@まきこさん

少しでも参考になったようでなによりです。
質問はいつでもどうぞ^^

直ぐに返信いたします。

まきこさんにとって最高の留学になることを

願っております。

では失礼いたします。

Messiah
2011.10.05 16:17 | URL | Messiah #- [edit]


  • password
  • Only the blog author may view the comment.

trackbackURL:http://lifeofmessiah.blog.fc2.com/tb.php/33-0d0beb29

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。