Loading…
25
20080814-barista.jpg


こんにちは。


土日が待ち遠しいですよね。木、金…そして、終わり!です。


今日ふとお店にある電子掲示板を見てみると、今日のオススメだとか、天気だとか書いてあって、


そこの片隅にYES!! It’s Wednesday!!!


って書いてありました。一体どういうことなんだろうか。とにかくオージーはみんな週末を待っています。w 


さて今日は私が働いているカフェのお話。


「こんな風ですよー。」っていうのを大きく分けて3つばかし綴ります。



17
 私は絶対にネイティブと働きたい!


 という人へ。


 今日は「How to get a local job」のカテゴリをまとめます。


 マニュアルっぽく書きます。


 やること、やらないこと、そして手順など。


 自分がコレだ!と思う方法です。


 

17
IMG_3153.jpg

 どうも。カンガルーの肉よりもクロコダイルの肉の方が好きなMessiahです。

IMG_3161.jpg

 カンガルーサラミ。少し興味がある…。


 日本ではカンガルーを食べるなんて信じられないけど、


 こっちでは、食べてますね。


 日本人の鯨だとか、韓国人の犬・・・。


 まぁ、国それぞれ好きなものを食べていますよね。


 ちなみに、よくAUS人に捕鯨問題について聞かれます。


 食べたことあるか?


 どうして、鯨を食べるんだ??


 などなど。


 食べたこともないし、なんで鯨を獲っているのかも知りませんが。


 調べてみた方がよさそう。


 



 今日はローカルジョブをゲットする方法。


 飛びこみ編


 閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
 きっときっとって 君を動かしてる
 いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
 もっと素晴らしいはずの自分を探して



 ご存知の通り、Mr.children 終わりなき旅の歌詞です。


 これは人生の詩、就活の詩。


 自分もこっちで思ったように、


 仕事が見つからずに、


 毎晩この歌を聞いて自分を励ましていました。


 飛び込みという仕事を探す方法。


 これは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、


 こっちでは、


 アルバイトだけでなく、


 企業への就職なんかも、


 直接会社を訪れ、


 自分を売り込む。ことがある。


 そうです。



 そこで、自分で実際やってみた感想を。


 面白いです!!!


 簡潔に言えば、



 無料で受けられる英会話レッスン。


 とりあえず、


 1・ドアを開きボスないしはオーナーを探す。


 (*もちろん混雑している時間帯は避けてください。)

 
 (*ボスに直接会うこと。これが重要。さもなければ、あなたのレジュメはただ単にカウンターの下に他のものと同じくポンッと置かれ終了。←これではオンライン応募と同じ。印象0。そして、日本人であるためになかなか返事はこないだろう。ライバル・敵!は多い。)


 (*例え、他の従業員に俺がこれ渡しておくと言われても、断ってください。NO。の2文字で事は済むので。簡単に拒否はできますね。オーナーがいない時は出直す。)


 2・直接採用担当者にお話をして、印象を与える。自信があるんだというのを身ぶり手ぶり、目で訴えるのだ!!


 3・一発目に、ドーーーン!!!という印象を与えております(笑)ので、あとは言葉で伝えてください。


 *飲食業の場合聞かれることは、経験の有無、どんな仕事をしていたのか。など。よく答える事を丸暗記してるおバカさんがいますが。Stupidです。アルバイト面接なんてものは所詮ただの会話です。普通のクエッションに普通に答える。それだけです、ただのタダの英会話レッスンです。^^

 
 稀に(本当に稀にですが)自分のカフェにもアジア系の方が現れます。募集していようがしていまいが、オーナーは快くレジュメを受け取り軽いチャットを交わします。

 自分も遠くから、見聞きしていますが、本当にぎこちない。


 暗記なんてしてるものだから。会話になっていない。なんか、アプリカントは常に次は一体何を聞かれるんだ!?って身構えている感じ。


 印象最悪です。


 何回も言うようにただの会話です。オーナーはその辺にいる人間です。^^


 思いを伝える。


 それだけです。笑顔は忘れずに!


 身だしなみは清潔感あればよいかと。


 レストラン・カフェなら、黒のシャツあればよいかと。


 バシッと見た目をキメ、


 堂々として会話を楽しんでくださいね。



 駄目でも、無料でネイティブと会話できますのでOK!


 失うものはありませんよね。



 1軒駄目なら、次のドアをノックしよう。

    
 自分は仕事探し中に、あるカフェに行きコーヒー片手に、


 そばにいた見づ知らずのおじさんに、


 突然、就活のしかたを聞きました。w


 飛び込むって何??


 レジュメって何??


 コツは??


 色んなことを聞きました。


 そこで一番印象に残っているのは、


 「ドアを一度ノックしてもだめならもう一回ノックする。数が増すごとに、扉が開く確率は高くなるんだ。」


 一度や二度であきらめてはなりませぬぞ!


 こっちでは、ある程度のしつこさ(persistence)は許容範囲内です。

  
 ちょっとした小技

 オーナーに会う前に、もし・・もし・・・そこの従業員と仲良くなれたのなら彼、彼女の名前を聞き彼らの紹介ということにしてもらう。優しい方がいたら、俺の名前使え!っていってくれます。これはVery good!!自分も一回言われました。^^



 最後のアドバイス

 
 自信をもつこと。これに限ります。


 堂々と胸を張ること。


 こちらで働いて学んだことは、


 「白人の方たちは、自信がなさそうな人間が嫌い。」


 ひしひしと伝わってきます。


 「この人信頼して大丈夫なのか?」


 「お前大丈夫かよ?」



 と。


 逆に自信満々で笑顔でハキハキとしている人は好かれる傾向にある。



 そう思います。


 知らないものは知らない。


 知らなくても自信を持って知らないと言い切る。


 濁すことは絶対にしない。



 以上!


 最後まで読んでいただきありがとうございました。


  

 
 

 
 
IMG_3165.jpg

 馬のひずめの形をしたスイーツ。かわいいいいい!!


IMG_3160.jpg
 

  これは自分が柿という単語を覚えるための写真。w


 persimmon=柿です。


 下記リンクにて英語の勉強方法についてもっと詳しくあります。よろしかったらどうぞ。^____^

ブログランキング・にほんブログ村へ
Australia's info.

にほんブログ村 英語ブログへ
英語勉強法をもっともっと!



 
28
 どうも、こんにちは。こんばんは。Messiahです。


 最近はMr Childrenにどっぷりと浸かっています。you tubeでLive映像がたくさん見れるのですが、


 もう、どれもこれも素敵で、


 まだ自分はミスチルのライブには行ったことがないのですが、


 きっと、きっと、


 どれもこれも素敵で価値のある一時なんでしょうね^^


 Mr children 口笛 you tubeより
 
 上のリンクPCの方でしたら、是非とも見ていただきたい。


 感動しますよ!^^

 



 さて、前回は初めてとなる「英語の勉強の仕方」について語りました。

 
 リンク:英語を英語で学ぶ?



 いかがでしたか?


 英語を英語で学ぶっていうのは、


 言葉を学ぶ人間にとっては一番自然な学習方法だと思います。


 赤ちゃんもそうですよね^^


 私たちも、日本語は日本語で教わりましたもんね。


 ただし、赤ちゃんと私たちのような成人には


 もちろん違いがありますが・・・。


 でも、再現というか、実際にそれらしきことをやってみて価値はありますよね。


 また、言葉は特に耳から覚えるべきです。


 今日は仕事の探し方をさらりとお伝えしますので、


 耳から覚える、学ぶ重要性は次回にしますが、


 今回は、予告として・・・


 語学を学ぶ上では、 


 手も目も使わずに耳と口を使って勉強する

 これが非常に大切です。


 詳しくは次回のHow to study Englishにて。


 



 さて、今日はオーストラリアでの仕事の探し方の続き行きましょう。


 探す方法5番目の



「コネを使って仕事を得る」です。



 これは読んで字のごとく、



 友達や知り合いの紹介で仕事をGETしてしまおう!



 というものです。



 しかも、これの成功する確率はかなり高い!


 可能性:★★★★★ 
 

 MAXです! 


 
 雇うオーナーからしても、現在働いていてくれてる人の友人となると、



 その紹介されている人は信頼されやすい傾向にあります。



 確かに、自分も信頼している人の友達なら仲良くなりたい。


 
 これは、誰でも同じですね。


 
 もし、友人がどっかで働いているのなら


 その友人に仕事を紹介してもらえるかもしれません^^


 その友人がOZだったら、ローカルの仕事に就ける可能性は、


 高くなります。


 友人の友人がCafeを経営しているだとか、


 友人の彼女がある職場を退職するので、変わりの人を探しているだとか、、



 人と人、仕事と仕事。


 みんな連鎖しているので、 


 人脈を使って仕事を見つけることは、


 かなり良い方法です。


 特にAUSでは、盛んに行われています。



 まとめ 


 ・友人に仕事があるのか聞いてみる

 ・そうすると案外簡単に仕事が見つかる場合がある

 ・オーストラリア人の友人がいればなおさらOK!!

 ・そして、憧れのローカルジョブにつけるかもしれない!!!
 

 Thanks for reading. I hope you could get a local job in AUS.




 にほんブログ村 海外生活ブログへ
海外生活って興味あるけど…どんな感じだろ?

ブログランキング・にほんブログ村へ
オーストラリアに留学したいっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
もっと色んなブロガーに出会う


 上記リンクにて様々なブログに出会うことが出来ますのでよろしかったらどうぞ。^____^

 
 目的に合わせてリンク先に飛んでいただければ、同じようなテーマのブログを探せますよ^3^


Messiah 

22
 どうもMessiahです。


 メルボルンはもう冬。冬の街って素敵だなぁ。


 木々は紅葉し、葉を落とし。

 
 綺麗な黄金色のカーペットを作る。


 ただただ美しい。


 
e3e456becd38b783bc1b370a07b42745.jpg






 今日は、仕事探しの方法第二弾。

 日系新聞・websiteですっ。



結論は・・・比較的簡単に仕事は見つかりますが・・・やはり日系の職場での仕事がメインとなる


 可能性 ☆☆☆☆★


 (ごく稀に、ローカルの仕事を探すことができます。)


 基本的には、日系。


 というわけで、


 ワーホリの方々は基本的には、


 アルバイトをするであろうから、


 その時に、


 「英語力はないから。私はジャパレスで・・・。」


 という方は


 日系のWEBや新聞で仕事を探してください。



 かなりの頻度でクラシファイドは更新されていて、



 比較的簡単に仕事は手に入ります。


 
 ロケーション、職種を全く選ばなければ、1日あれば見つかるのでは?



 CITYの職場は特に多いです。

 
 
 ただし、現地の店などで働きたい方には、



 この方法はお勧めできません。


 理由は上記の通り、


 ほとんど、ローカルの求人が記載されていないからです。

 
 前回紹介した方法を使ってみてください。



 現地新聞、WEBSITE





 
 日系新聞
 

 これはVictoriaであったらDENGON NETなどでしょうか。


 現地にあるエイジェントで無料配布されてたりします。


 
日系WEBSITE



 Dengon net,Go Go Melbourne, Jams,25 today,などで求人の確認ができます。


 日系の職場、企業が多いので、日本語の履歴書を求められることも。


 例え、こっちに用紙を持ってきてなくても、


 「履歴書、ダウンロード」


 と検索すれば、OK。


 




 まとめ


 
 日系企業で働きたいのなら迷わず、日系の情報を活用。


 ローカルの仕事探しは、現地の情報を。


 Good night. Cheers. Messiah


Click below please^_^
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ


 

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。