Loading…
21
 こんにちは^^


 今日は少し気楽に日記を書きます。


 前回の記事はかなり心を込めて書きました。初めてご覧の方はこちらをまずご覧ください。^_^

 リンク:次の扉をノックしよう。

 こちらは英語の勉強法:基礎編です。

 リンク:英語の勉強法


 


 今日はworking日記です。


 オーストラリア人と一緒にカフェで働き始めて早2ヶ月弱?経ちました。


 本当に楽しい。


 「人生で初めて外国で外国の方と働く。」


 今現在している経験は死ぬまで忘れることはないと思います。


 もちろん職場に行った瞬間からすべて英語で作業。


 同僚も100%オーストラリア人。

 お客さんも100%オーストラリア人。


 完全アウェイですね。


 思えば、働き始めてすぐのころは、


 「一体なんでこんな所に中国人がいるんだよ・・」


 という目で見られていました。


 (*悲しいことに、アジア人はすべて中国人ということで処理されがちです。アジア人=日本人ではなくなってしまったのか・・・。道を歩いてたり、Barで飲んでいる時などたまに「Fucking Chinese!!」と言われ、「一度俺は中国人じゃねー!」って言ったら、「そんなことはどうでもいい。アジア人はみんな同じだ。」と言われた事があります。悔しいですよね。私の日本人としてのプライド・誇りが許しません。w 日本が大好きです。) 


 しかし最近ようやく日本人と認知され始めています。


 理由はきっと、ようやくお客さんの名前と顔、好みを覚え始めましたので、印象が残り始めたのではないかと。


 食事やコーヒーを渡すときに、


 彼らの名前を呼んで笑顔でありがとう。


 向こうも笑顔でthanks,Masaya。Ta,Masaya!(ta=thanks. in Aus)


 そして、この一連の流れが「やりがい」となっている事は間違いないです。


 「温かなコーヒーと笑顔を。」

 最終的にみんなが幸せなんですよね。






 「ありがとう」 たった5文字のこの言葉がもつ意味は大きい。


 日本にいる皆さま、何か物を買った時や食べた後に「ありがとう」を言っていますか?


 ちなみに、自分は恥ずかしくて言えません。w


 しかし、海外にいるときは「感謝・愛」をうまく表現できる自分に変わります。


 欧米では当たり前ですので^^


 売る方も買う方も「ありがとう」


 そしてお互いが笑顔になる。


 幸せな気分になる。

 
 


 働いているのになんか働いている感じがしない。


 ただ単に愛する人へ奉仕している感じがします。


 すくなくとも、現在そう思って仕事をしています。


 自分は1日に何十杯もコーヒーを作るのですが
 
 
 お客さんにとっては、


 たったの1杯なんですよね。


 そう思うと、一杯入魂です。


 サンドイッチも同じ、多いときには100以上作るわけですが、


 1つ1つ丁寧に心・愛を込め作っています。


 お客様の素敵な笑顔を見るのが楽しみでしょうがないんですよね^^
 

 
 確かに自分はミスをする事がある。


 でも、それでも、笑顔でThats alright!Thank you!と言ってくれる。


 このような方々を目の前にし愛さない方がおかしいですよね。



 というわけで、毎日愛に包まれすごしております!


 「今」が終わる時が来るのが少し怖くなってきました。 


 ワーホリでは6カ月までしか同じ所で働けません。


 その時が刻々と近づいている。泣

 

 海外に行くと


 「素直になれる。」


 「自分を全く飾らなくなる。」


 「何事にも感謝ができるようになる。」


  
 Thanks for reading. I hope you'll have a happy Friday!^^


  ランキングに参加中です^____^

 If you like this entry, please gift a click to me.

ブログランキング・にほんブログ村へ
Australia's info.

にほんブログ村 英語ブログへ
英語勉強法をもっともっと!

 

 
28
 お久しぶりです。ローカルカフェでのバイトももう2週間が経過して、仕事にも大分慣れてきました。

 ようやく、裏の仕事もマスターしたので先週から表の仕事もさせてもらえるように。

 まずはオーダー取りからね。ってことで。

 必死です。w

 メニューもろくに知らずに、

 How's it going?

 ってはじまり・・・

 Blah blah blah.....

 Can I please have a skiny flat white and....


 この後には、食べ物が続くのですが、


 何が何だかわかりません。


 英語力は問題ないのですが

 はじめて聞く食べ物が多くて多くて。

 いまは必死にメニューの単語を耳に慣らしてます。


 サンドウィッチもそろそろ作らせてもらえそうだけど、


 その数28個。

 
 簡単とかいうものの、


 ふぅ・・・・。


 


 けどね、すごい楽しいですよ。


 優しいオーナー夫婦さんのおかげで。


 いつもJOKEばっかでどう反応すればいいか


 わからないけど。



 Masaya, WELL DONE! Good job!! Thank you. See ya tmrw!!!


 っていつも言ってくれるし、


 朝出勤すると、


 みんなから、(みんなっても3人、月~金まで同じメンバー)


 Good morning to you!! How r u today???


 How was your weekend???


 なんて感じで


 優しく声をかけてくれます。


 コーヒーでものんでから仕事しなよとか、


 ちょっと早いから


 テーブルで朝ご飯食べなー


 とか。


 本当に優しくて、


 今の仕事があるのに心から


 感謝しています ^^


 次回は、仕事の探し方について書いてみようかな。


 PS.ようやく「オーストラリア ローカルバイト」で検索すると、


 このブログがトップ10に入るようになりました。


 たくさんの人に良い情報を提供できるよう頑張りますね。



 Thanks for reading. Have a nice weekend.Messiah


Flinders station

歴史的なメルボルンの駅です。Flinders駅。夜の方が素敵。
21
 どうも、少し御無沙汰しておりました。

 昨日でCafeバイト最初の週を終了しました!

 そして、週払いなのでさっそく初任給を。

 きちんとしたところなので税金もしっかり払っております。

 ワーホリは29%も税金引かれるんですよ!あり得ない。

 1000ドル稼いでもその約3分の1は税金でもってかれます。

 うぅぅ・・・。

 ようは、ジャパレスで法外賃金の10ドルで働いてるのと大して差はないとも言えます。

 悲しい。

 しかし、自分のカフェではどうやら、自分はレジデントになれるそうで。

 そうなると、税金は年収6000ドル以下はなし。

 つまり、6月で確定申告をするので、

 自分は到底そこまで稼げるわけありません。

 よって

 タックスリターンして

 払った分が返ってくるらしいです。

 本当かどうかは

 まだわかりませんが・・・。

 様子見ですね。

 ちなみに、

 タックスリターンのリターンは

 申請という意味なので。

 ちゃんと税金を払っていない人は

 逆に払うはめになる可能性があるので注意です。

 たまにレストランなどは

 ちゃんと税金を払っていないところがあるので、

 本人は払ってると思っていても

 そうでなく、

 タックスリターンをしてしまうと、

 支払い要求がきます。

 詳しいことは、

 「オーストラリア タックスリターン」

 などで、

 検索してみてください。

 いろいろ詳しく載っています。

 最後にこちらが、

 給料の封筒です。


IMG_2709.jpg


 来週からはホールにてオーダー取りキャッシャーのJOBもする予定です。

 すこしずつ、すこしずつ・・。

 裏の仕事はほぼマスターしました^^


 Thanks for reading. Have a nice weekend. Masaya.


11
 
 今日は初めて日本食レストランで働いてきました。はい・・・日本食レストラン。
あ。日本食レストランについて説明しますか。日本人は基本的に日本食か土産やさんでしか働けない。みたいなことになっております。


 ここAUSでは。たしかに、そうかもしれません。でも、実際はローカル、現地のレストランで働いている方もいます。大丈夫。あきらめないでください。ただし、経験、英語は必須です。



 英語・・・一体どのくらい必要なのでしょうか??



 ではOZの立場に立ってみましょう。海外から来たAさん。OZのBさん。一緒に働いています。Aさんは英語がうまくしゃべれません。うまくコミュニケーション、連携が取れず仕事にも支障が出ています。最終的にはすべての作業に遅れが・・・。



 そうなんですよ。仕事の質はともかく、「問題はコミュニケーションが取れるかどうか」。


 英語は日本人からしたら、「スキル」ですが。OZからしたら「当たり前」のことなんです。ネイティブなら誰でもできます。こっちでは英語が彼らネイティブと同じくらい話せて「普通」です。すごいね!!なんてなかなか思ってくれません。AUSにいるのだから英語位話して当然でしょ。って感じです。・・・


 
 僕も含め、日本人はたまに日本語を話す外国人を見ると感動しますがね。こっちの人は・・・・。気にしません。話す速度も全く変えません。



 まとめますね。要は、Pardon? Sorry?なんて毎回言われたくないですよね。OZからしたら。はい。英語力は聞きなおすことが無い位まで鍛える必要あります。

 
 仕事を教えることもなかなかしたくないOZ達(だから経験者のみ採用しがちです)。しかも英語なんてもってのほかですよね。仕事も英語も教えたくない。われわれ日本人も日本語を喋れなく、仕事もよく出来ない外国人を採用しませんよね。採用利益があまりにも少なすぎます。


 人を一人雇うとかなりの負債を抱えているのと同じことですものね。人件費は高いですから。どこも即戦力を求めています。職場経験、英語は必須です。ただし、AUSは少し厳しすぎる気もしますがね。




 よくTOEICでいくつなら話せるようになりますかとか、聞かれますが、実際900あってもダメダメです。900からがスタート。そう思います。自分も実際そうでした。


 ・・・話がそれました。 


 ・・・そうなんですよ。こんなこと言っていて、結局日本食レストランで働いてきました。今日含め、5日間だけ働くつもりです。トライアルが5日もあるらしく。給料もらってやめて、またローカルの仕事探しに戻ろうと思います。


 なぜ働いたかですか。金銭的に・・・ワーホリにそもそも20万しか持ってきていないので・・・


 ローカル仕事探しも、地味に働きながらやっております。目標はOZ(オーストラリア人・オージー)がオーナーのところで働くことです。


 一度働くと、のちにリファレンスなどで役に立ちます(オーナーからの紹介文みたいなものです)。自分も3つほどもっております。強い味方です。中にはABCニュースのキャスター兼プロデューサーさんもいます。たまたま出会いまして。Wwoof中に。Wwoof。。。ここでは説明できません。ごめんなさい。次回にまわします。

 

 というわけで、今日はジャパレスで働いてきました。8時間みっちり。OZは気さくで大らかなので接客していて楽しいですよ。本当に優しい。笑顔でThank you-!って喜んで帰ります。



PS.「ありがとう」大切ですね。日本でも言えるかな。。。


Thanks for reading.Have a nice day. Masaya( Messiah)
11

 現在(2011/05/10)僕はオーストラリアにワーキングホリデイできています。
オーストラリアにきてもう6カ月近く経ちました。早い早い。
あっという間です。本当に。ここに来たのは2010/11/17。期待に胸を膨らませ来たのを覚えています。

 

 なぜ来たのかですね。ずばり、経験をするため。僕は「経験こそ師なり」という言葉が好きです。
この命が尽きるまでには様々なことを経験していたい。多様な経験こそ人間の目的な様な気もします。
たった1つある命。時間は限られていますね。たくさんやれることはあるでしょう。そんな願い、思いからです。


 他には、人との出会いですかね。人との出合いは人を変えるかもしれませんから。
6か月たった今現在でもたくさんの人に出会って、僕の価値観も変わった気がします。
特に田舎に住んでいる人々の自然への想いは本当に特別です。学んだことはたくさんあります。
 
 

 あぁ・・・ワーキングホリデイ(ワーホリ)って。いろいろ賛否両論ありますね・・・
 


 よくワーホリは遊びだとかおっしゃる方がいますね。たしかに、遊んでばっかでろくに英語も喋れなく勉強もしていない方々もいらっしゃいます。目的はなんなのか気になりますね。
海外にいることは誰にでも出来ることで、すごいことでもなんでもないのですから。以前のような留学=すごい。なんてことはなくなってきた気がします。


 国際社会ですものね。近い将来、ネットの発展も伴い、国境というものの意味もなくなってくるのではないでしょうか。ちょっとここでワーホリ留学生の悪口はやめときます。



 大丈夫です。メリットはたくさんあります。要は使い方ですね。


 基本的にAUS(オーストラリア)では6カ月までの雇用が同一雇用主の元で認められています。要は6カ月までしか同じところで働けません。でも逆に言うと、違う仕事を経験できることにもなります。


 たしかに海外であるひとつの仕事をし続けるのは専門性を高めるためには良いかもしれませんね。でも自分は語学及び社会経験が目的なので、いろんな仕事をしたい。そんな風に思っています。
 

 働けるビザがこんなの簡単に手に入るのがワーホリの利点です。ちなみに学生ビザの雇用(AUS)は制限がかかっています。働けるビザがあるからといって、簡単に現地企業、現地のお店で働けるとは限りません。正直、かなり根気がいります。大変です。でも不可能ではありません。




 ここで言いたいことは、「ワーホリのビザを活用しつくす。」ことです。いろんな経験をしてください。限られた時間の中で。現地企業での仕事経験。インターンシップ。農業経験。いろいろと出来ます。目標を持って、時間の使い方を考えて有効活用しましょう。




 ここらへんで今日はおしまい。あまり長い記事は書きたくないので。読むほうも大変でしょうし。今後いろいろ語っていきますので。お待ちを。


Thanks for reading. Masaya(Messiah)

About this site.

夢追人

Author:夢追人
 ◆About me◆

 2009.4~10    :カナダ・バンクーバーにて語学留学
 2010.10~2012.2 :オーストラリア・メルボルンにてワーキングホリデイ
 2012.2~4    :日本で就職活動

 ・英語講師歴3年
 ・海外生活歴2年 (カナダ・オーストラリア)
 ・既卒として新卒採用に挑み、某大手商社内定

 ◆人生のテーマ◆

「学ぶ心」

 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
 
 語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、この人間の長い歴史、どんなに小さいことにでも、どんなに古いことにでも、宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。

 これらの全てに学びたい。
 (松下幸之助)

 ◆ブログテーマ◆

 「簡単な事はより簡単に。難しいことこそ簡単に。」

にほんブログ村 海外生活ブログへ
-Thank You-

このブログが皆様のお役にたちますように。